C言語の最近のブログ記事

●C言語での浮動小数点定数について
つまり、2.0E+10とか2.0Lとかのこと。
接尾子がF(あるいは f)ならばfloat型となり、L(あるいは l)ならばlong double型となる。
また、接尾子が省略された場合は、double型となる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちC言語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメモです。

次のカテゴリはOS X Lionです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31