2015年4月アーカイブ

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■s実習(4回目)
ショートケーキの日。担当。
こんなことやって何の役に立つのか?

■「役立てよう」と思わない人間に「役に立つ機会」は絶対に訪れない。
4/1に入社した新入社員です。...

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■s実習(3回目)
担当。説明し忘れたり、冗長だったり。
軍手はく?

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■Audio Session プログラミングガイド
読んでみたが、イマイチよくわからない。

■量子化と標本化
デジタルの説明がちょっとおかしい気がする。

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■g1実習(4回目)
担当。最初にコンテストの動画見せれば良かったかも。

■USB-RS232C変換ケーブル
MacBS2で使えない。ch341とpl2303のチップがダメみたい。FTDIは使えそう。

ちゃんとサイトにも書いてありました。

macbs2 experimental

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■g1実習(3回目)
担当。プレゼン資料の順番をちょっと入れ替えてみたり。

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■システム工学実験ガイダンス

■g1実習(2回目)

■φ(.. )
音の出るアプリ

■雰囲気メガネSDK
雰囲気メガネはiPadに 対応してないけど、SDKはiPadで使えるのかな?

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■パワーポイントで文字を白く縁取るには光彩を設定する
普段パワーポイントを使用しないので、一度調べてできるようになっても次に使うときにわからなくなってるのでメモしておきます。ドロップシャドウでいいかなと、影の設定でやろうとしてしまうのですが、使用するのは光彩です。

■実習 g1
ガイダンスでした。

■ポチッ
ちょっと出遅れたけどポチりました。

■HMS
形態電話アプリ(改良版)・The non telephone telephone trick・Zipper Banana(紹介のみ)

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■リジェクト
昨日のことというか、一昨日の深夜のことですが、3度目のリジェクト。情報が足りないから審査できないよーとのこと。で、昨日デモビデオを作成して再度申請。また、1週間待ちです。

■DTCP-IP対応 メディアプレーヤ
ちょっと気になるけど、高いな。Windows版と比べて;p

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■このプレゼンテーションですべてのメディアを再生するには、追加のプラグインが必要です。
プレゼン資料を修正しようと開いたらこんな警告が出てました。おそらくwmv形式の動画のことだと思うのですが、そういえば去年もmp4形式に変換した気がします。また、変換することもあるかもしれないので、作業手順をメモしておきます。

まずは、変換したい動画ファイルの抜き出します。XMLベースになったことで、プレゼンに使用している画像や動画などを抽出するのは簡単になりました。拡張子をpptxからzipに変更して解凍するだけ。ちなみにワードのdocxでも同様にできます。それから最近の(?)Keynoteでもできます(昔のは圧縮されてなかったので「パッケージの内容を表示」でOKでしたので...)。

次に、wmv形式の動画をmp4形式に変換します。変換にはffmpegを使用しました。

とりあえず、H.264でエンコードしました。
$ ffmpeg -i input.wmv -vcodec libx264 output.mp4
ビットレートを指定しないと品質固定モードなるようですが、画質的に特に問題ないようなので、これでOKとします。

音声は無くても良さそうなので、ついでに削除します。
$ ffmpeg -i input.mp4 -an -vcodec copy output.mp4

■参考
ffmpegの使い方
PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式

【おひるごはん】

| コメント(0) | トラックバック(0)

■春休みの工作(基板を作ってみる)
基板加工機(LPKF ProtoMat S62)を使って、基板を作ってみました。PCBEで出力したガーバファイルをCircuitCAMにインポートするところと、LMDファイルへの変換でてこずりましたが、なんとか形になりました。

■議事録用アプリ
議事録用にOSXで使えるテープ起こしアプリを探してみる。とりあえず、CasualTranscriberを使ってみることに。