【OS X】CAPT Printer Driverが使えなかったのが治ったかも

| コメント(0) | トラックバック(0)

プリンタ共有でキヤノンのドライバを使用すると(一般的なPostScriptプリンタだと印刷できる)印刷できなかったのが、いろいろやってみたら使えるようになったかもしれない気がするのでメモ。
とりあえずの結論としては、クライアント側にプリンタドライバをインストールする前に、共有プリンタを追加したらうまくいくみたいな気がする。

■基本的な情報
・MacBook Air(11-inch, Mid 2013)
・OS X 10.10.2
・Canon LBP6200(Mac ProにUSB接続)
・Canon Advanced Printing Technology Printer Driver & Utilities for Mac Version 3.67

■いろいろ削除
・システム環境設定のプリンタとスキャナでプリントシステムをリセットする。
・/ライブラリ/Printers/Canonフォルダを削除する。
・/ライブラリ/Caches/Canonフォルダを削除する。

■再起動

■プリンタの追加
・システム環境設定のプリンタとスキャナからプリンタ(Bonjour共有)を追加する。
・プリントキューのメニューのプリンタの「ネットワーク診断」が有効になっていればOKっぽいです。

■ドライバのインストール
プリンタドライバをインストールする。


■再起動

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ruirui.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/631

コメントする

このブログ記事について

このページは、ルイルイが2014年11月27日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【おひるごはん】」です。

次のブログ記事は「【おひるごはん】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。